信頼の証

勤怠管理が難しいというようであれば勤怠管理に優れたシステムを導入しませんか?

こんにちは。
みなさんの会社ではISO9001は取得されていますでしょうか。ISO9001は取得しているというただそれだけで信頼の証になり得ます。なので一時期はこのISO9001の取得はほぼ当たり前のようになっていました。どうしてこれの取得が求められているのでしょうか。
新規のお客様を開拓するという時に、なんの資料もなく相手と契約を交わしたりはしないですよね。具体的に言えば、信頼できるという確信がほしいです。それは業務実績でもなんでもとにかく信用するに足る情報がほしいのです。ですが、それってなかなか難しかったりわざわざ資料を作るのも大変だったりします。
ですが、ISO9001は取得していることそのものが問答無用の信用の証になるのです。水戸黄門の紋所のような感じですね。このISO9001が目に入らぬかぁ!といったふうに提示するわけですね。ISO9001は国際規格ですから日本のみならず世界でも通用するということです。つまり、それだけで優秀で信頼できるという証なのです。
品質管理システムとも呼ばれるISO9001、品質管理システムの名の通り内容は製品やサービスを良くしていくためのことばかりです。それらを全てクリアしてこそ手に入るものなのです。品質がよくなればもちろん顧客満足度も上がり、副次効果として顧客管理にまで利用できます。品質管理システムなのに顧客管理とはまた優れている規格ですね。
システムと言っても、マニュアルを作って仕事を回すのは企業で働いている社員たち。機械が勝手にあれこれと言ってくるわけではありません。顧客管理も自分たちで頑張ってこそ手に入る効果。
信用をられる上に顧客管理にまで役立つISO9001、ぜひとも取得をオススメしますよ。

企業を電子化にワークフローで業務効率の改善を徹底的しよう